このエントリーをはてなブックマークに追加

 

・健康診断でHbA1cが基準値を超えたけど、下げるにはどうすれば?
・去年基準値以上だったから、今年の検診までに下げたい。

 

と言うとき、測定する日(普通は健康診断)の2ヶ月以上前から下げていないといけません。その為にやるべき事は色々とありますが、サプリメントを使う手もあります。

 

>>管理人お薦めサプリメントランキング

 

HbA1cとは?

そもそもHbA1cとはなんなのか、知っていますか?。国立循環器病研究センター病院の公式サイトによると

ヘモグロビンは赤血球内のタンパク質の一種で、全身の細胞に酸素を送る働きをしています。血液中のブドウ糖がヘモグロビンとくっつくと糖化ヘモグロビンになります。

 

血糖値が高いほどヘモグロビンに結合するブドウ糖の量が多くなります。いったん糖化したヘモグロビンは、赤血球の寿命(120日)が尽きるまで元には戻りません。

 

血糖値の低い状態が続くと、ヘモグロビンに結合するブドウ糖の量が少くなるので、HbA1cは低くなります。

 

血糖値の高い状態が続くと、ヘモグロビンに結合するブドウ糖の量が多くなるので、HbA1cは高くなります。

 

HbA1cは糖化ヘモグロビンがどのくらいの割合で存在しているかをパーセント(%)で表したものです。

 

HbA1cは過去1〜2ヶ月前の血糖値を反映しますので、当日の食事や運動など短期間の血糖値の影響を受けません。

引用元:HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)ってなに? | 動脈硬化・糖尿病内科 | 生活習慣病部門 | 診療科・部門のご案内 | 国立循環器病研究センター病院

 

ブドウ糖と結合したヘモグロビンの割合を見る事で、過去1〜2ヶ月の血糖値の状態を知ることが出来る。それがHbA1cと言う事です。

 

このため、HbA1cの対策をするのは、測定する日から逆算して2ヶ月以上前から行う必要があります。

HbA1cを下げる方法

HbA1cを下げるには、幾つか方法があります。

食事

基本は食事で糖質を控えることです。

 

特に、一番危険なのは砂糖。純粋な糖分の塊で、短時間で急激に血糖値を上昇させます。砂糖を使った甘いお菓子やジュース、炭酸飲料、コーヒー飲料等は最初に控えるべきものです。

甘いお菓子禁止

そして、米や小麦、芋類等の炭水化物。白米やパン、うどん、ラーメン、パスタ、ピザもそうです。

炭水化物禁止

こうした主食類を別の食材で置き換えるなどして、糖質の摂取量を減らす、いわゆる糖質制限食を実行します。

 

糖質制限食の利点は、ただHbA1cを下げるだけでなく、非常に高いダイエット効果があることです。

 

実は、肥満はそれ自体が血糖値、即ちHbA1cを上昇させる「インスリン抵抗性」を引き起こす主な要因なのです。

 

サプリメント

糖質制限食の効果は理解しても、

 

ご飯もパンもラーメンもパスタもピザもうどんも全部やめるなんて無理!!

 

と言う人も多いでしょう(管理人もそうです)。その場合、可能な限り糖質を控え、サプリメントを利用する手もあります。

 

サプリメントって本当に効果あるの?

 

と思われた方、当サイトの管理人が実際に8つのサプリメントを試して血糖値を測定、効果を確認。結果を基にランキング形式にまとめています

 

運動

運動をすることで筋肉が直接糖分を消費するので、即効的に血糖値が下がります。食後に軽い有酸素運動をすることで血糖値の上昇を抑えれば、HbA1cの低下にも繋がります。

運動

また、運動によって筋肉量が増えれば、それだけ糖を消費しやすく血糖値の上がりにくい、つまりHbA1cが上がりにくい体を作ることが可能です。

 

特に肥満体型の場合、既に述べたようにインスリン抵抗性を引き起こし、HbA1cを上昇させてしまうので、運動によって体脂肪を落とし筋肉量を増やすことを強くオススメします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加