このエントリーをはてなブックマークに追加

 

和漢の森が販売する白井田七、サプリメントの他にお茶もあります。この二つ、効果は同じでしょうか?

 

同じなら、サプリメントよりお茶の方が飲みやすそうです。

 

白井田七茶の公式サイトによると、静岡県藤枝市の農園「向島園」で栽培された、無農薬・無化学肥料による完全有機栽培で育った「やぶきた」と言う品種の茶葉を使用しています。

 

向島園は、食をテーマにした人気漫画「美味しんぼ」でも取り上げられています。

 

美味しんぼで紹介

 

同じく公式サイトでは、その拘りについて

 

1.化学肥料を使わない、有機肥料のみの土作り。
2.ストレスと与えないよう、苗木を密集させない。
3.5月、7月、9月の年3回収穫。
4.その日の気温や湿度、茶葉の状態に合わせた焙煎。

 

の4つを挙げています。

 

そして、50グラムの茶葉から、1杯分のお茶しか出来ないetc。

 

ここまでだと、只の日本茶ですね。「白井田七。茶」と言う商品名から、田七人参を使ったお茶かと思ったのですが。

 

と、公式サイトを下にスクロールしていくと、成分表示がありました。それによると、

 

原材料 有機緑茶(98%) 有機田七人参(2%)

 

とのことです。

 

つまり、「白井田七。茶」は有機田七人参を2%含んだ日本茶、と言う事になります。

サプリメント

では、白井田七のサプリメントはというと、こちらは逆に有機田七人参が98%で、2%が有機玄米で出来ています。

白井田七。茶と、白井田七のサプリメントの違い

白井田七。茶は有機栽培された日本茶がメインで、白井田七のサプリメントは田七人参がメイン。

 

この二つ、共に白井田七の名が付いていても基本的に違う製品、と言う事が判ると思います。

 

「白井田七。茶」自体は、リピート率86%と評価の高い製品ですが、田七人参の効果を期待するならサプリメントが良いと思います。花粉症や鼻炎、喘息などの症状があるならお茶を。

 

白井田七。茶はコンビニやドラッグストアで買える?

白井田七は、サプリメントもお茶も、コンビニエンスストアやドラッグストアでの取り扱いはありません。公式サイトで注文して下さい。

 

カテキン訴求

TOPへ