このエントリーをはてなブックマークに追加

 

サラシアと言うのは、血糖値対策のサプリメントで良く聞く成分です。糖の分解吸収を阻害する働きがあり、血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。

 

八糖仙は、このサラシアを大手製薬メーカー製品の2倍以上配合しているのが最大の売りです。

 

その八糖仙、本当に効果があるのでしょうか?。当サイトの管理人が実際に注文して使用、血糖値を測定してみました。

 

八糖仙

八糖仙が届きました

八糖仙が届きました。思ったより大きめの段ボール箱です。

 

 

箱の中身

中身は、八糖仙のボトルと、パンフレット、納品書だけ。ちょっと過剰包装な感じもします。他のサプリメントでは、使用者の体験談だとか、血糖値対策の手引きだとか、色々入ってくるのですが、八糖仙はシンプルです。

 

八糖仙

こちらが八糖仙。臭いをかいでみると、紹興酒?みたいな匂いがしますが、匂い自体は強いものではなく気になりません。粒も小さいので、飲むのは簡単そうです。

 

今回は、八糖仙を飲んで牛丼大盛りを食べた後、10分置きに血糖値を測定しました。
>>八糖仙を飲んで牛丼大盛り食べてみた

八糖仙の効果

八糖仙は様々な材料が使われいますが、一番主要な材料はサラシアという植物です。

 

Wikipedia によれば、

サラシア属(英:Salacia)は、ニシキギ科に属する植物の属である。

 

サラシア属のいくつかの植物種が、特にインドにおけるアーユルヴェーダで何千年もの間で伝統的な治療で使用されてきた。根皮の化学成分には、サラシノール、コタラノール及びそれらの配糖体のようなポリフェノールが含まれている。

 

中略

 

α-グルコシダーゼ阻害作用などの活性が認められる。


引用元:サラシア属 - Wikipedia

 

α-グルコシダーゼ阻害作用と言うのは、棟分を吸収しやすいよう分解する酵素であるα-グルコシダーゼの働きを阻害することです。
これが阻害されると、棟分は吸収しやすい形に分解されないので、吸収されにくくなるため血糖値の上昇を防ぐ効果が期待できます。

 

八糖仙は消化酵素阻害系

八糖仙の効果とは?使って血糖値を測定した体験談と感想記事一覧

八糖仙を飲んで、牛丼大盛りを食べた後の血糖値を測定、その推移をまとめました。朝食を食べてから約7時間後、牛丼を食べる15分ほど前に八糖仙2粒(1日5粒、食前にと言う事なので)を飲んで、牛丼大盛りを完食して10分後から血糖値の測定を開始。2時間後まで、10分おきに血糖値を測定しました。結果だけすぐに見たい方は、こちらをクリック。