このエントリーをはてなブックマークに追加

 

小林製薬のサラシア100、富士フイルムのメタバリア。共に大手メーカーの血糖値対策サプリメントで、ドラッグストアでも必ずと言って良い程見かけます。この二つ、どう違うのか、使ってみた結果を含めて比較してみました。

 

サラシア100成分表

サラシア100

 

サラシア100は小林製薬と近畿大学が共同開発した特定保健用食品で、関与成分のネオコタラノールの働きで、食後血糖値の上昇を抑えます。

 

成分表は以下の通りです。

 

 

熱量 3.6kcal
たんぱく質 0.0093g
脂質 0.0048g
炭水化物 0.88g
食塩相当量 0.0003〜0.012g
関与成分 ネオコタラノール663μg
価格(1日当たり) 151.2円
機能 血糖値の上昇を緩やかにする

メタバリアEX成分表

メタバリアEX

 

メタバリアには幾つか種類がありますが、検証したのはメタバリアEX。富士フイルムが開発した機能性表示食品で、日本で初めて3つの機能が認められたサプリメントです。

 

成分表示は以下の通り

 

エネルギー 2.3kcall
たんぱく質 0.02g
炭水化物 1.32g(糖質0.20g 食物繊維1.12g)
食塩相当量 0〜0.03g
クロム 20μg
関与成分 サラシノール、難消化性デキストリン(食物繊維)、エピガロカテキンガレット、モノグルコシルルチン
価格(1日当たり) 164.5円
機能 糖の吸収を抑える、腸内環境を整える、お腹の脂肪・体重を減らす

成分比較

では、2つを比較してみましょう。

 

サラシア100メタバリアEX
エネルギー 3.6kcal2.3kcall
たんぱく質 0.0093g0.02g
炭水化物 0.88g1.32g(糖質0.20g 食物繊維1.12g)
食塩相当量 0.0003〜0.012g0〜0.03g
クロム 記載なし20μg
関与成分 ネオコタラノールサラシノール、難消化性デキストリン(食物繊維)、エピガロカテキンガレット、モノグルコシルルチン
価格(1日当たり) 151.2円164.5円
機能 血糖値の上昇を緩やかにする糖の吸収を抑える、腸内環境を整える、お腹の脂肪・体重を減らす

 

サラシア100は特定保健用食品、メタバリアEXは機能性表示食品なので、一概に比較は出来ませんが、関与成分に大きな差があります。

 

ネオコタラノールとサラシノールは、共にサラシアと言う植物由来の成分で、糖分の吸収を阻害する働きがあるとされます。

 

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種で、血糖値の上昇を緩やかにする効果があるとされ、賢者の食卓等これを主成分とした製品もあります。

 

エピガロカテキンガレットはカテキンの一種で、血糖値を初め様々な健康効果が期待される成分です。

 

モノグルコシルルチンについては、詳しいことが判りませんでした。

 

 

 

効果比較

最後に、実際に使って血糖値を測定した結果の比較です。
サラシア100とメタバリアの比較グラフ
縦軸は血糖値(mg/dL)
青=サプリメント無し
黄色=サラシア100
赤=メタバリアEX

 

詳しい測定結果については
>>サラシア100を飲んで、血糖値を測定しての評価と口コミ

 

>>メタバリアEXを実際に使ってみての評価と口コミ

 

グラフを見る限り、実際の効果には殆ど差がありません。

まとめ

・サラシア100とメタバリアEXには機能関与成分に違いがある。
・管理人が検証した範囲では、効果には殆ど差が無い。
・1日当たりの価格はメタバリアがやや高い

 

ちなみに、8つの血糖値対策サプリを検証した結果を基にしたランキングでは、メタバリアEXが5位、サラシア100は6位になっています。